美容成分

スポンサーリンク
NO IMAGE 美容成分

PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン

グリセリンのような高い保湿効果があります。 安全性が高く、水溶性ビタミンC誘導体などの肌への吸収を促進する効果が期待できます。
NO IMAGE 美容成分

オレイルアルコール

界面活性剤の原料として一般的に使用される成分です。 保湿性がありべとつきの少ない使用感のある成分です。
NO IMAGE 美容成分

加水分解ヒアルロン酸(低分子ヒアルロン酸、浸透型ヒアルロン酸)

さらっとした使用感で、ヒアルロン酸と同等の保湿効果を持つ成分です。 安全性の高い成分と言われていますが、炎症を誘発する可能性があるとされているので、皮膚炎や敏感肌の方は使用を控えるか、パッチテストをするのがおすすめです。
NO IMAGE 美容成分

ヒアルロン酸ヒドロキシプロビルトリモニウム

水に強いのが特徴のヒアルロン酸で、肌の表面の保水力を高める働きがあります。
NO IMAGE 美容成分

加水分解コラーゲン

保湿効果が期待できる成分です。
NO IMAGE 美容成分

ココイル加水分解コラーゲン

保湿効果が期待できる成分です。
NO IMAGE 美容成分

水溶性コラーゲン

魚の皮や骨、うろこなどを原料としていることが多く、海洋性コラーゲンと呼ばれることもある成分です。 分子が大きく浸透性は高くありませんが、保水力が高く、保湿効果が期待できます。
NO IMAGE 美容成分

チンピエキス(オレンジ果皮エキス)

ミカンの果皮から抽出される、精油や糖類などを含むエキスです。 消炎効果や血行促進効果などがあり、肌荒れやくすみの防止効果が期待できます。
NO IMAGE 美容成分

環状リゾフォスファチジン酸(CyPA)

保湿剤や潤滑剤として使用されている整肌成分です。
NO IMAGE 美容成分

ユビキノン(コエンザイムQ10、CoQ10)

人が元々持っている補酵素で、抗酸化作用があり、活性酸素を除去することによるしみ、しわ、たるみなどを改善するエイジングケア効果が期待できます。 元々持っている成分なので安全性は高い成分と考えられます。 ただし、現時点では経皮吸収率は悪いと
スポンサーリンク