乾燥肌なのにオイル?アテニアのクレンジングオイルが乾燥肌でも問題なく使える理由を解説!

スキンクリアクレンズオイル

アテニアのクレンジングオイル「スキンクリアクレンズオイル」は、乾燥肌の方のクレンジングの選択肢としておすすめです。

理由としては、

乾燥肌の方でも評価の高いクレンジングオイル
エステル系なので洗浄力は中くらい
価格が妥当
メイク落ちが良い

大きくこの4つの理由です。

ここでは、クレンジングが乾燥肌の原因となる理由や乾燥肌のクレンジングの選び方などを踏まえて、アテニアのクレンジングオイルは乾燥肌にどうなのか?について解説していきます。

クレンジングと乾燥肌について

乾燥肌は、

皮脂が少ない
NMF(天然保湿因子)が少ない
角質細胞間脂質が少ない

ことで、肌の内部の水分量が低下している状態。

この肌の水分を保つ働きをしている成分が減ってしまう原因に、

クレンジングのし過ぎ
クレンジング時のこすり過ぎ

があります。

自分の肌にあったクレンジングを選ぶことで、この原因を解消することが可能になります。

クレンジングのし過ぎで肌が乾燥

メイクが落ちなくて複数回クレンジングをしたり、長時間クレンジングをすると、乾燥肌の原因となってしまいます。

クレンジングは、メイクを落とすために必要ですが、洗浄力を持つスキンケアなので、肌に必要な皮脂やNMF、角質細胞間脂質などの成分を落としてしまう可能性があります。

多少は仕方ないことですが、必要以上にクレンジングをすると、その分落としてしまう量が増えてしまいます。

結果、肌の水分を保つ働きが弱まくなって、乾燥肌の原因となってしまいます。

クレンジング時にこすり過ぎて肌が乾燥する

クレンジングをするときに肌をこすり過ぎると、肌への刺激が強くなってしまいます。

この刺激が角質層を傷つけてしまうことで、肌の水分を保つ働きが上手く働くなってしまい、乾燥肌の原因となってしまいます。

乾燥肌のクレンジングの選び方

クレンジングによる乾燥肌を防ぐためには、できるだけこすらずメイクが落とせて、なおかつ洗浄力が弱いクレンジングを選ぶのがポイントです。

一般的には、ナチュラルメイク程度であれば、洗浄力が比較的弱いミルクタイプやクリームタイプのクレンジングがおすすめです。

濃いメイクの場合は、比較的洗浄力の強いジェルタイプやオイルタイプのクレンジングを使って、短時間でさっと洗い流すのがおすすめです。

ただ、クレンジングの本質はメイクを落とすことなので、たとえナチュラルメイクであっても、ミルクタイプやクリームタイプなどで落ちない場合は、ジェルタイプやオイルタイプのクレンジングを使うようにしましょう。

クレンジングのときの肌の負担を減らすためだけにクレンジングを選んでしまうと、メイクの落とし残しがでてしまい、結果として肌トラブルを引き起こしてしまいます。

大切なのは、メイクがしっかり落ちることです。その次に大切なのが、洗浄力が弱いこと。

この二つのバランスを考えてクレンジングを選びましょう。

乾燥肌とオイルクレンジング

オイルクレンジングは洗浄力が強いので、乾燥肌にはダメ!

と思っている人もいますが、これは正しくないです。

濃いメイクはオイルクレンジングとの相性が良い

乾燥肌のクレンジングの選び方で触れましたが、乾燥肌だからといって、自分のメイクに合わない洗浄力のクレンジングを使っていると、メイクの落とし残しが出てしまいます。

メイクの落とし残しは、くすみの原因や肌のターンオーバーの乱れ、角栓の原因になるなど、たくさんの肌トラブルの引き金となってしまいます。

濃いメイクであれば、オイルクレンジングを使って短時間でクレンジングを終わらせることで、洗浄力の高さによる肌の負担を最小限に抑えて、しっかりとメイクを落とすことができます。

結果として、洗浄力の弱いタイプのクレンジングよりも肌に効果的なクレンジングとなってくれます。

クレンジングオイルの3つの種類

クレンジングオイルには、

炭化水素油系
エステル系
油脂系

この3つの種類があります。

上から順に肌の油を落とす力が強く、肌への負担が高くなっています。

油脂系のクレンジングオイルは、洗浄力は強いけれど肌への負担は控えめ。

その代わり、価格も高くなります。

油脂系のクレンジングオイルで有名なクレンジングオイルは、シュウウエムラのクレンジングです。

トウモロコシ胚芽油などの油脂系がメインのクレンジングです。

ブランドネームも含まれているかもしれませんが、評価が高くて油脂系のクレンジングなので、その分価格も高いです。

アテニアのクレンジングオイルはというと、パルミチン酸エチルヘキシルというエステル系の成分がメインなので、エステル系のクレンジングオイルです。

そこにプラスして、アルガニアスピノサ核油などの油脂が配合されています。

油脂系ほどの肌への優しさはありませんが、価格としては妥当なところです。

アテニアのクレンジングオイルの乾燥肌の方の評価

アテニアのクレンジングは評価が高いことで有名で、アットコスメでもオイルクレンジングのランキングで3位になっています。

クレンジングランキングでも10位にランクインしています。

乾燥肌の使用者の口コミ・評価を見ていると、

メイク落ちが良い
使用後のぬるぬるがなく、しっとりした洗い上がり
使用後のツッパリ感がない
乾燥しない

というような評価・口コミが多かったです。

アテニアのクレンジングオイルは乾燥肌の選択肢としてはおすすめ

アテニアのクレンジングオイルは総評すると、乾燥肌の人にも選択肢の一つとしておすすめできるクレンジングオイルです。

理由としては、

乾燥肌の方でも評価の高いクレンジングオイル
エステル系なので洗浄力は中くらい
価格が妥当
メイク落ちが良い

大きくこの4つの理由があるからです。

ただ、ナチュラルメイクの場合は、やっぱりミルクタイプやクリームタイプのクレンジングがおすすめです。

洗浄力の弱いマイルドなタイプのクレンジングでしっくりこない、ダメだった場合の選択肢としてであれば、アテニアのクレンジングオイルはおすすめです。

また、価格が比較的安いというのもあって、エステル系のクレンジングなので、油脂系のクレンジングよりは肌への負担は大きくなってしまいます。

高くても肌への負担を少なくしたいという場合は、シュウウエムラのクレンジングなどの油脂系クレンジングをまず試してください。

アテニアのクレンジングオイルの詳細はこちら

オイルなのにしっとり?アテニアのクレンジングオイルはどんな肌に合う?成分や特徴を解説!
オイルなのにしっとりさっぱり?肌ステインが落ちる?そんな噂がささやかれているアテニアのクレンジングオイル「スキンクリアクレンズオイル 」。長い名前なのになんとなく覚えてしまいます。ここでは、アテニアのクレンジングオイルについての基本的な特徴や成分について解説します。アテニアのクレンジングオイルの謎を知りたい!というマニア人必見です。