使ってびっくり?アテニアのクレンジングオイルは敏感肌でも大丈夫??

スキンクリアクレンズオイル

アテニアのクレンジングオイルは敏感肌におすすめできるのかというと、一番におすすめできるタイプではありません。

というのも、

オイルタイプなので洗浄力が強すぎるかもしれない
エステル系のクレンジングオイルなので敏感肌には刺激が強い

という理由があるからです。

ただ、

使用感はさっぱりで、つっぱらない
敏感肌の方の評価が良い
コスパが良い

こうした特徴のクレンジングオイルなので、クレンジングを選ぶときの選択肢の一つとしてはおすすめです。

敏感肌の方がアテニアのクレンジングオイルを使ってみたい・購入したいと考えている場合は、敏感肌とクレンジングについて正しく知っていただきたいです。

その上でアテニアのクレンジングオイルを選んだのであれば、失敗する可能性が下がります。

ということで、アテニアのクレンジングオイルを使いたい・購入したいと思っている敏感肌の方が知っておくべきことを解説していきます。

アテニアのクレンジングオイルを試すかどうかで迷っている方は、参考にしていただけると嬉しいです。

クレンジングが敏感肌の原因?

敏感肌が使うクレンジングは洗浄力が強いクレンジングはNG!なのでクレンジングオイルはNG?

クレンジングオイルは敏感肌に良くないという噂を聞いたことがあると思います。

これは、半分正解で半分間違いです。

クレンジングは、メイクや毛穴に詰まった落ちにくい汚れを落とすことが目的です。

なので、洗浄力が弱いクレンジングを使ってメイクや肌の汚れが落ちなければ、残ったメイクや汚れが原因で肌トラブルやニキビなどの原因になります。

敏感肌に限らずどの肌質にも言えることですが、クレンジングは自分のメイク・肌にあったものを選ぶことが大切です。

ここを意識しないでクレンジングを選んでしまうと、間違ったクレンジングにつながって、敏感肌を引き起こす原因となってしまいます。

間違ったクレンジングが敏感肌の原因に

間違ったクレンジングが敏感肌の原因になる主な理由として、

必要以上に洗浄力の強いクレンジングを使っている
洗浄力の弱いクレンジングでメイクが残っている
洗浄力の弱いクレンジングで長時間洗っている
洗浄力の弱いクレンジングで落とそうと肌をこすり過ぎている

この4つがあります。

クレンジングの洗浄力が敏感肌の原因

これはよく知られていることですが、必要以上に洗浄力の強いクレンジングは肌への負担がかなり大きくなります。

肌に合わない強すぎる洗浄力のせいで、肌の潤いを保つために大切な皮脂やNMF、角質細胞間脂質のような成分が落とされてしまいます

強すぎるクレンジングを使っていると、どんどん肌の潤いが失われて、敏感肌になってしまいます。

メイクや肌の汚れが残ることで肌の刺激に

強すぎるクレンジングは肌に毒ですが、洗浄力が弱ければ肌への負担は抑えられるのかというと、そうではありません。

クレンジングは洗顔では落ちないようなメイク汚れや肌の汚れを落とすことが目的なので、メイクや汚れがしっかり落ちなければ意味がありません

濃いメイクやひどい肌汚れに、洗浄力の弱いミルクタイプやクリームタイプのクレンジングを使っていると、知らず知らずのうちにメイクや肌の汚れが肌に溜まってしまいます

メイク汚れが溜まるとメイクの成分である油脂が酸化することで肌の刺激になって、肌のくすみやターンオーバーの乱れ、角栓やニキビを引き起こす原因になります。

アテニアのクレンジングオイルと角栓についての詳細はこちら

オイルで角栓対策!?アテニアのクレンジングオイルがで角栓ケアができる理由
角栓ケアにオイルを使うの?アテニアのクレンジングオイルはオイルタイプのクレンジングなので、むしろ悪化させちゃうのではと思ってしまいます。実は、使い方次第でクレンジングオイルが角栓対策のエースになってくれます。でも、人によっては逆効果。

長時間クレンジングで敏感肌に

クレンジングは、性質上どうしても肌への負担は大きくなってしまいます。

そのため、クレンジングはできるだけ短い時間で終わらせることが大切です。

理想のクレンジング時間は30秒〜1分程度です。

しかし、自分のメイクを落とすのに必要な洗浄力がないクレンジングを使ってしまうと、必要以上にクレンジングに時間を取られてしまいます。

その結果、洗浄力の弱いクレンジングを使っているのに、どんどん肌の大切な成分が落とされていくことになってしまいます。

メイクを落とすためにクレンジングで肌をこすり過ぎ

メイクが落ちないからとこすり過ぎてしまうことも、洗浄力の弱いクレンジングでしがちな間違ったクレンジングです。

洗浄力の弱いクレンジングで落ちないようなメイク汚れや肌汚れの場合、どうしても落とそうと肌をこすりがちになってしまいます。

肌をこする行為は、肌に大きな刺激、ダメージとなります。

この刺激が肌の角質層を傷つけてしまい、肌の保水力が低くなってしまいます。

これが続くと、どんどん肌の水分量が減って、敏感肌になってしまいます。

敏感肌のクレンジングの選び方

正しいクレンジングの選び方は、自分の肌の状態とメイクの濃さ・肌汚れに適したクレンジングを選ぶことです。

敏感肌の方がクレンジングを選ぶときに特に大切なのは、できるだけ弱い洗浄力でメイクや肌汚れを落とせるクレンジングをチョイスすること。

敏感肌は外部からの刺激に弱く、乾燥している状態です。

なので、洗浄力が弱めで、メイクを短時間でさっと落とせるクレンジングが理想です。

なので、敏感肌の方が選ぶクレンジングとして一番おすすめなのは、界面活性剤が少ないクリームタイプやミルクタイプのクレンジングです。

クリームタイプやミルクタイプのクレンジングは、洗浄力が弱いのでメイク落ちや肌汚れの落ちはオイルタイプやリキッドタイプに劣りますが、その分肌の負担を抑えることが可能です。

ナチュラルメイク程度であればミルクタイプやクリームタイプで落とせるので、まずはそちらのタイプを試してください。

また、

ミルクタイプやクリームタイプだとメイク落ちや肌汚れの落ちが悪かった!

という方は、オイルタイプより肌への負担が少ない、ジェルタイプのクレンジングもあります。

このタイプを試してみるのもおすすめです。

敏感肌とオイルクレンジングの相性

オイルタイプのクレンジングは、洗浄力の高いクレンジングです。

なので、敏感肌の方だと刺激が強すぎる場合があります。

ただ、ミルクタイプやクリームタイプのような洗浄力の弱いクレンジングでものたりない、メイク落ちが悪い場合、オイルタイプのクレンジングを正しく選べば、敏感肌の方の良い選択肢となります。

敏感肌の方がクレンジングオイルを選ぶ上で大切なポイントは、肌に負担の少ないタイプのクレンジングオイルを選ぶことです。

クレンジングオイルの3つの種類

クレンジングオイルには、実は3つの種類があります。

炭化水素油系クレンジングオイル
エステル系クレンジングオイル
油脂系クレンジングオイル

この3つが、一般的なクレンジングオイルの種類です。

炭化水素油系クレンジングオイル

クレンジングオイルの中でも、一番肌への負担が高いタイプです。

ミネラルオイルを主成分としたものが一般的で、コストが安いため価格の安いクレンジングに良く使用されています。

肌に残りやすい性質があるので、それを落とすために界面活性剤をたくさん配合する必要があるので、肌への負担が大きくなってしまいます。

エステル系クレンジングオイル

クレンジングオイルの中で、真ん中に位置するタイプです。

油性物質を結合させた成分が主成分のクレンジングオイルで、炭化水素油系クレンジングオイルよりも肌への負担は少なく、油脂系クレンジングオイルより肌への負担が高いです。

油脂系クレンジングオイル

クレンジングオイルの中で、一番肌に優しいタイプです。

動物や植物が体の中でつくる油で、人の皮脂に似た成分なので、肌への馴染みが良く、肌に残りにくいです。

そのため、肌への負担が少なくなります。

ただ、質が高い分値段も高くなります。

敏感肌の方は油脂系クレンジングオイル

敏感肌の方は、一番肌の負担が少ない油脂系のクレンジングオイルがベストです。

洗浄力もキープしつつ、なおかつ肌への負担が少ないので、クレンジングオイルの中から選ぶなら、一番の選択肢になります。

ただし、価格がかなり高いのがネックです。

シュウウエムラの有名なクレンジングが油脂系のクレンジングオイルですが、150mlで4400円程度します。

なので、油脂系のクレンジングオイルは高いという方は、エステル系のクレンジングオイルを選ぶようにしましょう。

炭化水素油系のクレンジングよりは価格は高いですが、2000円程度で購入できます。

アテニアのクレンジングオイルと敏感肌

クレンジングオイルは3種類あるということで、アテニアのクレンジングオイル「スキンクリアクレンズオイル」はどのタイプかというと、エステル系のクレンジングオイルです。

価格も2000円程度なので、コスパも良いです。

敏感肌の方は油脂系のクレンジングオイルが一番おすすめですが、

敏感肌でクレンジングオイルを使いたいけど、油脂系のクレンジングオイルは高すぎる!

という方におすすめです。

エステル系が主成分のクレンジングオイルですが、アルガニアスピノサ核油などの油脂系も配合されているので、比較的マイルドな成分になっています。

アテニアのクレンジングオイルの敏感肌の評価・口コミ

アテニアのクレンジングオイルの敏感肌の方の口コミや評価では、全体的に好評価です。

敏感肌の方がアテニアクレンジングを使って多かった評価としては、

メイクがしっかり落ちる
値段が手頃でコスパが高い
洗い上がりさらさらしっとりでつっぱらない

という評価です。

アットコスメでもランキング上位にあるので納得ではありますが、あくまで個人の方の感想なので、参考程度にしてください。

まとめ

アテニアのクレンジングオイルを敏感肌の方が使う前に知っておくべきことを解説しました。

忘れないでおきたいのが、クレンジングオイルは敏感肌の方にとっては刺激が強い可能性があるということ。

オイルタイプなので一番おすすめのクレンジングタイプではない
エステル系のクレンジングオイルなので敏感肌には刺激が強いかも

最初にもお伝えしましたが、敏感肌の方のクレンジングオイルとして良いクレンジングオイルではあるけど、一番はじめに選ぶべきクレンジングオイルではありません。

一方で、アテニアのクレンジングオイルは

使用感はさっぱりで、つっぱらない
敏感肌の方の評価が良い
コスパが良い

こうした評価をされているクレンジングオイルでもあるので、選択肢としてはありです。

クレンジングオイルとしては優秀ですが、自分のメイクの濃さや他のタイプのクレンジングと比較して、使うか使わないか、購入するか購入しないかを考えてください。

また、アテニアのクレンジングオイルを使う・購入する際には、まずはお試しという意識で使うことをおすすめします。

もし使ってみて肌の状態が悪化したり、以前のクレンジングよりも乾燥を感じるようなことがあれば、もったいないですがストップしましょう。

敏感肌はナイーブな肌でなかなか自分にあったクレンジングを見つけづらいですが、正しい知識・情報があれば、自分に合ったクレンジングを見つけやすくなります。

クレンジングのことを良く知って、自分に合ったクレンジングを見つけましょう。

アテニアのクレンジングオイルの成分や特徴の詳細はこちら

オイルなのにしっとり?アテニアのクレンジングオイルはどんな肌に合う?成分や特徴を解説!
オイルなのにしっとりさっぱり?肌ステインが落ちる?そんな噂がささやかれているアテニアのクレンジングオイル「スキンクリアクレンズオイル 」。長い名前なのになんとなく覚えてしまいます。ここでは、アテニアのクレンジングオイルについての基本的な特徴や成分について解説します。アテニアのクレンジングオイルの謎を知りたい!というマニア人必見です。